白菜と鶏肉のココナッツカレー

白菜の食感がうれしい鶏肉のタイ風ココナッツミルクカレー。コクと辛みがクセになる、大人から子供まで喜ぶカレーです。
鶏肉にまぶした小麦粉でとろみをつけています。②のまぶした時に余っても、一緒にフライパンに入れて下さい。
2~3人分
白菜 200g
鶏肉 1/2枚
しめじ 1/2袋
玉ねぎ 1/4個
生姜 1/2かけ
小麦粉 大さじ1
サラダオイル 大さじ1/2
A ココナッツミルク 200cc
カレー粉 大さじ1/2
ナンプラー 大さじ1/2
切る
白菜は幅が広いものは半分にして、1cmくらいにカット。しめじは小房にわける。玉ねぎと生姜はみじん切りにする。
焼く
鶏肉は食べやすいサイズにカットし、軽く塩こしょうと小麦粉をまぶす。フライパンにサラダオイルをひき、鶏肉の表面に焼き色をつける。
炒める
白菜、玉ねぎ、生姜を加えて、白菜がしんなりするまで炒める。
煮込む
しめじとAを加えて、5~6分くらい煮込む。
陽の気を補う冬の食養生
12月に入ると日中でもコートが手放せなく、本格的な冬の到来を実感させられます。自然界では熊は冬眠をし、植物も葉を落とし春に向けてエネルギーをため込み、寒い冬を乗り越えます。漢方において冬は蓄積・収納の時期で、人間も穏やかに生活し活動的になってはいけないと教えられてきました。

しかし現代においては一年中が稼働期であり、冬でも経済が動き仕事をする必要があります。日本の社会においては年末年始などイベントが多く、冬のほうが活動的な生活を強いられているようにも感じます。現代人の冬の食養生法として大切なことは活動の源になる陽気の補給です。冬は陰の気が旺盛になりますが、普段通りに仕事し動くためには不足分の陽の気を補い、陰陽のバランスを整えることが大切です。

薬膳で補陽の食材としては、ニラや葱、マグロ、鹿肉、赤ワインなどがあげられます。いずれも温性の食品で、手足の冷えなどを改善する効果もあるので、積極的に取り入れるようにしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ