白菜のしゃきしゃきシュウマイ

白菜のシャキシャキ感がうれしいシュウマイ。白菜は薬膳では栄養を吸収する脾の働きを整える作用があり、お腹周りの不調を改善する効果が期待できます。
白菜の柔らかい部分は、切れ端などをつなぎ合わせても包むことができます。きつく巻き付けなくても、大丈夫です。
10個分
白菜の柔らかい部分 5枚程度
白菜の芯 100g
豚ひき肉 180g
A 生姜のみじん切り 1/2かけ分
オイスターソース 小さじ1
ごま油 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
片栗粉 大さじ2
くこの実 10粒
レンジ加熱
包む用に、白菜の柔らかい部分は大きい物は半分に切って10枚作り、耐熱容器に重ね、ラップをして2分加熱。粗熱が取れたら軽くペーパードライする。
混ぜる
白菜の芯はみじん切りにして塩(分量外2つまみ)をして揉み、よく絞る。Aを加えてよく混ぜる。
包む
②を10等分して、①の白菜の葉で包む。肉汁がこぼれないよう、白菜の端の上に肉をのせたあと、側面に添うように葉を巻きつける。
レンジ加熱
耐熱容器に並べくこの実をのせて、ラップをして5分加熱する。肉汁が透明になれば火が入った合図です。
白菜で師走の胃腸を整えよう
毎年12月7日頃に二十四節気の大雪(たいせつ)を迎えます。北国では雪シーズンの本番を迎え、根雪が積もる頃です。年末のモードも高まり仕事も忙しい時期で疲労がたまることや、忘年会の暴飲暴食により胃腸に負担がかかり、体調を崩しやすい時期です。こんな時は、旬の白菜で胃腸の調子を整えましょう。

寒さで糖度を増し、一段と美味しくなる白菜。薬膳では健脾(けんぴ)といってお腹周りの調子を整え、活動と健康の源である栄養を吸収し体に届ける働きを高める作用のある食材に分類されています。豊富な食物繊維は通便や排尿を促し、老廃物や余分な水分を外に出す働きも期待できます。また体内の塩分を排出する効果もあるので、血圧が上昇気味になる冬はぜひ食べて頂きたい食材です。

店頭で白菜を選ぶ時は、葉先までかたく巻いてあり、ずっしりと重みのあるものを選びましょう。カット白菜の場合は、中央が盛り上がっているのは時間が経っているので、断面が水平で葉が詰まっているものを選ぶようにしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ