マッシュルームと海老のオイル焼き

体を温めアンチエイジング効果のあるマッシュルームと海老のオイル焼き。トースターで焼くだけの簡単レシピ。ワインのおともにどうぞ。
海老のほかイカやタコなどお好みの魚介でも、美味しくいただけます。
2人分
マッシュルーム 8個
海老(中) 8尾
にんにく 1/2かけ
鷹の爪 1本
オリーブオイル 大さじ2
2~3つまみ
パン粉 大さじ1
切り込み
海老は背側に切り込みを入れ、背わたを取り除く。
切る
マッシュルームは石づきを切り落とし、にんにくは包丁の側面で潰し、鷹の爪は半分に切って種を取除く。
和える
ボールに①と②、オリーブオイル、塩を加えてあえる。耐熱容器に移し、パン粉をふりかける。
焼く
トースターで12~15分くらい、海老に火が入り、パン粉が色づくまで焼く。(600W)
命のバッテリーの腎を養う
1月は冬型の西高東低の気圧配置になることが多く、冬型が強まると南北にのびる等圧線の間隔もせまくなります。等圧線の本数が多くなるのは気圧の差が大きいことをあらわし、気圧差は風の強さに比例するので、北寄りの風が強まり日本海側では大雪を降らせ、太平洋側では晴れても北寄りの冷たい風が強まります。

中国伝統医学をベースとした食養生法の薬膳では、寒い冬は命のバッテリーともいえる腎グループを養うことが大切と教えられています。腎は生命力や生殖能力、若々しさをつかさどる働きがあり、腎グループがダメージを受けると、やる気がでない、足腰が痛む、老けるなどの症状があらわれやすくなります。

腎を養う食品は、野菜ではマッシュルームやカリフラワー、ブロッコリー、魚介類では海老やししゃも、うなぎ、肉類では豚肉や鶏のレバーなどがあげられます。年始で仕事などが忙しくなる時期。命のバッテリーといえる腎グループを養う食事を心がけ、よい一年のスタートにしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ