マッシュルームと胡桃のゆべし

東北地方の伝統和菓子の胡桃ゆべしに、マッシュルームを加えました。マッシュルームや胡桃は体を温るアンチエイジング食材で、女性に嬉しい和菓子です。
①のトースターは600wの時間です。マッシュルームや胡桃が焦げないように注意をしてください。④ではくっつきやすいので、多めに片栗粉をまぶして作業をしてください。
4個分程度
マッシュルーム 3個
胡桃 40g
白玉粉 100g
粉末黒砂糖 80g
ぬるま湯 100cc
しょう油 大さじ1/2
片栗粉 適量
ロースト
マッシュルームは1~2mm程度のスライス、胡桃は食べやすいサイズに割る。天板にマッシュルームと胡桃をのせて3~5分ほどトースターで焼く。
レンジ加熱
耐熱ボールにAの材料を入れホイッパーでよく混ぜ、そのままレンジで2分加熱する。いちど取り出しゴムべらでこねるようによく混ぜ、追加で2分加熱。(500w)
混ぜる
熱いうちに①のマッシュルームと胡桃を加えて、よく混ぜ合わせる。
固める
平らの容器に片栗粉を多めになすりつけ、③をのせる。その上に片栗粉をまぶして形を整えて、冷まし固める。冷めたら食べやすいサイズにカットする。
大寒とアンチエイジング
二十四節気では冬の最後の大寒に入りました。1月下旬の朝の最低気温は、平年値で東京は0.6℃、大阪は2.3℃、札幌ではマイナス7.5℃と、一年の中でもっとも寒さが厳しい頃です。寒い時期は足腰が痛くなったり、髪や肌のつやがなくなり、中には白髪が増えたなど、老けこんだと感じる人が少なくありません。そんな冬は食生活でアンチエイジングを心がけましょう。

漢方では内臓を働きによって5つのグループに分け、体調や季節にあった養生が大切と教えられています。冬は厳しい寒さにより生殖活動をつかさどる腎グループがダメージを受けやすくなるため、足腰が痛んだり、白髪が増えたり、女子力が低下する加齢の症状が現れます。冬の老化を予防・改善するためには、腎グループを養う食品を多くとることが大切です。

マッシュルームやカリフラワー、ブロッコリー、八つ頭、黒豆、くるみなどは、腎グループを養う代表的な食材に分類され、アンチエイジング効果が期待できます。積極的に食べて冬老化を予防し、アンチエイジングを心がけて下さいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ