チコリと彩り野菜のアンチョビソース

サクサクの食感がうれしいチコリや色鮮やかな野菜を、アンチョビのうまみをきかせたソースで食べる一品。春のビタミン、潤い補給にぴったりのお料理です。
豆乳を牛乳に変えても美味しくいただけます。チコリやアスパラのほか、お好みの野菜も添えて食べて下さいね。
2~4人分
チコリ 1/2個
アスパラ 5本
にんじん 1/2本
玉ねぎ 1/8個
アンチョビのフィレ 2枚分
A マヨネーズ 大さじ1
豆乳 大さじ2
砂糖 1つまみ
こしょう 少々
レンジ加熱
玉ねぎはみじん切りにして耐熱容器に入れ、レンジで40秒加熱する。(500w)
レンジ加熱
アスパラは根元の硬い部分を切り落とす。にんじんは皮をむき1cm厚くらいで細長く切る。ラップに包みレンジで1分加熱する。
混ぜる
①の粗熱が取れたら、アンチョビをみじん切りにしてAと一緒に加えて混ぜる。
盛り付け
チコリは1枚ずつはがして洗ってザルにあけ水気をとる。それぞれ器にもつける。
春の光を楽しもう
一年の中でもっとも寒い大寒が終わると立春を迎え、暦の上では春に入ります。まだまだ寒さが残る頃ですが、日の光はひところに比べると強く感じられるようになります。立春の頃の日の入りの時間は東京では17時10分前後、大阪では17時30分前後と、日中の時間は一番短かった冬至のころに比べると40分も長く、明るい中での活動をより長く楽しめるようになります。

春の光を楽しんでいるのは人間だけではなく、動物たちも強まる光に刺激されるように活動的になります。2月に入るとうぐいすやすずめも異性を求め、縄張りを宣言するように声色を変えてさえずり、恋の季節を楽しみます。春の光は動物に高揚感をもたらせてくれるようです。

この先、本格的な春に向けてさらに日はのび、三寒四温を繰り返しながら徐々に気温も高くなっていきます。晴れた日には散歩など屋外で体を動かし、春の光を楽しんでくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ