わかめとアボカドのカルパッチョ

しゃきしゃきのわかめの食感とクリーミーなアボカドのうまみが特徴のカルパッチョ。柚子胡椒の風味で、前菜やおつまみに活躍する一品です。
蓼はスーパーや八百屋で手に入りますが、なければかいわれ大根や三つ葉などを飾ってくださいね。
2人分
塩蔵わかめ 45g
アボカド 1/2個
A 柚子胡椒 小さじ1/2
オリーブオイル 小さじ1
小さじ1
砂糖 小さじ1/2
小さじ2
適量
切る
わかめは流水で洗い、途中で2~3回くらい水をかえながら、5分ほど水につけて戻す。小さめの食べやすいサイズにカットする。
混ぜる
Aを混ぜ合わせてドレッシングを作る。
切る
アボカドは、5mmくらいの厚さに切る。
盛りつけ
皿にわかめとアボカドを交互に盛りつけ、②のドレッシングをかけ、蓼をかざる。
春の潤い補給
二十四節気では、例年3月21日頃に春分を迎えます。昼と夜の長さがだいたい一緒の頃で、各地の日の入りは午後6時前後までのび、春の到来を実感できる頃です。春は徐々に気温が上がるいっぽう、潤い補給を怠りがちで、体の水分が不足気味になるので気をつけましょう。

薬膳で春は、体の血液や水分などを含めた潤いが不足がちになり体に熱がたまることで、微熱やのぼせ、めまい、イライラなどの症状があらわれやすくなるといわれています。また水分不足から血液が濃くなることは、大きな病気を引き起こす原因にもなるので、春の健康管理には潤い補給は大切です。

血を補うよもぎやプルーン、にんじん、枝豆、グリンピース、ナッツ類などの食品をとるよう心がけましょう。またオレンジやバナナ、マンゴー、ココナッツなどの果物は、体に潤いを与える働きがあるので、合せてとりた食品です。春は潤い補給を意識して、心と体を乾かせないようにしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ