わかめと海苔のうまうまナムル

わかめの食感と海苔のうまみがクセになる一品。ご飯のおともやおつまみに最適。低カロリーで食物繊維やミネラルをたくさんとれるナムルです。
お子様の場合にはしょうがはしぼり汁だけにすると、食べやすくなります。
2人分
塩蔵わかめ 60g
焼き海苔 1畳分
しょうが 1かけ
A ごま油 大さじ1/2
しょう油 大さじ1/2
松の実 小さじ1
戻す
わかめは流水で洗い、途中2~3回ほど水をかえながら5分つけて戻す。
切る
わかめは水気を絞り、食べやすいサイズにカットする。
ちぎる
海苔は小さめにちぎる。しょうがはすりおろす。
混ぜる
わかめ、海苔、しょうが、Aを混ぜ合わせ、味を調える。皿に盛りつけ松の実を飾る。
わかめで春のデトックス
三寒四温でゆっくりながら気温が上昇する春。気温が上がると私たちの体は代謝が活発になりますが、寒かった冬にたまった老廃物が体にはまだ残っています。冬眠から目覚めた熊も、まずはデトックス効果の高い木の芽などを食べて体の調子を整えるそうです。農業技術や流通の向上で、春夏秋冬をとわず様々な食材が手に入る現代ですが、春はデトックス効果の高い食品を食べるよう心がけましょう。

デトックス食材の代表といえるのが、ごぼうやわかめなどの食物繊維が豊富な食材です。なかでもわかめは春に新ものが出回り、香りが高く歯触りが良いのが特徴です。わかめは、腸の蠕動運動を活発にする不溶性の食物繊維と、血中のコレステロールなどを減らし血液浄化作用のある水溶性の食物繊維の両方が豊富に含まれています。またカロリーが低いのも特徴で、塩蔵わかめの場合で10gで1kcalとダイエット効果も期待できます。

春はごぼうやわかめなど食物繊維の豊富な食品を食べて、デトックスを心がけて下さいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ