戻る
旬の食材 -  タラ(鱈)
header
タラ(鱈)の画像
旬
12~2月 (真ダラ)


説明
 日本近海には真ダラ、スケトウダラ、コマイなど約90種類が生息しています。生命力が強く、平均寿命は13~14年と長生き。大食漢なので、「たら腹食う」から転じてこの名がついたといわれています。エサの種類を選ばず何でも食べ、100種類もの魚介類が胃から出てきた例もあります。タラコはスケトウダラの卵巣を塩漬けにしたものです。

footer

成分
たんぱく質は良質で、脂質は少ない。不飽和脂肪酸のDHA、EPAを多く含む。カルシウムが多く、ビタミンA、D、ビタミンB1、B2を含む。肝臓にはビタミンAとDが多く含有されている。
footer
効能
高たんぱくで低脂肪なのでダイエットに向く。たんぱく質が血や肉をつくり、カルシウムが丈夫な骨や歯をつくる。ビタミンAが視力低下を防ぎ風邪や肌荒れを防止する。ビタミンDは体内のカルシウムとリンの吸収を高め、骨粗鬆症や虫歯を防ぐ。ビタミンB1は疲労回復、B2は過酸化脂質の生成を抑え動脈硬化などの生活習慣病に有効。
footer


header
  • 煮付けや鍋にする時に泡のようなアクが出る。このアクをていねいに取ると味がよくなる。
  • ビタミンCを補うとバランスがよくなるので、野菜をたっぷり入れたタラちりはおススメ。
  • 春先の新鮮なタラには糸くずのような寄生虫アニサキスがついていることがあるので要注意。加熱すれば問題はない。
  • 味が淡白なので、コクのあるクリームソースを使ったグラタンやシチューにするとおいしい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ