戻る
旬の食材 -  ブリ(鰤)
header
ブリ(鰤)の画像
旬
12~1月


説明
 日本全土の沿岸に広く分布し、スズキやボラとともに出世魚といわれ、成長に伴い名が変わる回遊魚です。晩秋から春にかけて北海道から南下してくるものは「寒ブリ」と呼ばれ、産卵に備えてよく太り脂も乗って美味。養殖した4kg前後のものはハマチと呼ばれ、天然ものに比べて脂が多く白っぽい色をしています。栄養価は天然ものの方が豊富です。

footer

成分
良質なたんぱく質と脂質を含んでいる。脂質は不飽和脂肪酸のDHAやEPAで豊富に含有している。ビタミンA、E、B1、B2、B12を多く含んでいる。鉄分やナイアシンも含み、血合いの部分にはビタミンやミネラルが多く、タウリンも豊富に含有されている。
footer
効能
DHAが学習能力や記憶力を向上させ、EPAが血液の流れをスムーズにする。ビタミンEは不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、動脈硬化や老化を防止する。ビタミンAは目に栄養を与え粘膜や皮膚を丈夫にするので、目の疲れを取り、風邪を予防し肌荒れを防ぐ。B2はDHAやEPAの働きと一緒に動脈硬化を防ぎ、血栓の発生を抑える。鉄分は体内での吸収に優れたヘム鉄で、ビタミンB12と一緒に悪性貧血を予防する。タウリンがコレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮する。
footer


header
  • 脂質が多く焦げやすいので、遠火の近火で焼くとよい。
  • 鍋で焼く時は、油を少なめにする。
  • 血合いの部分には吸収のよい鉄分が豊富に含まれているので、積極的に取るとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く