戻る
旬の食材 -  カレイ(鰈)
header
カレイ(鰈)の画像
旬
12~2月 ((真カレイ))
6~9月 ((マコカレイ))


説明
 平たい体で目は片側により、目のある部分を上にして砂泥底で生息します。種類が多く世界中で約100種、日本近海は生活環境が適していることから20種位が生息しています。味が淡白で消化がよく、産卵期の子持ちカレイが美味。姿の似ているヒラメと区別する時には「左ヒラメの右カレイ」といわれています。京都では雛祭りにカレイを食べる風習が残っています。

footer

成分
たんぱく質が多く脂質は少ない。カルシウム、ビタミンD、E、B1、B2、ナイアシンが多い。EPA、DHAを含む。アミノ酸の一種のタウリンが多く、縁側(背びれと尾びれのつけ根の身)にコラーゲンが多く含まれている。
footer
効能
たんぱく質は良質で脂肪が少ないのでダイエットやカロリー制限、胃腸の弱った時に有効。カルシウムが骨や歯を丈夫にし、ビタミンDがカルシウム吸収を高めるので、骨粗鬆症の予防に有効。B2とタウリンがコレステロール値を下げ過酸化脂質を抑え、高血圧や動脈硬化を予防する。コラーゲンは体の細胞を結びつける主成分で、美肌をつくる。
footer


header
  • 縁側にはコラーゲンが含まれているので、煮こごりにすると無駄なく食べられる。
  • 泥臭さが気になる時は、揚げるとおいしい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ