戻る
旬の食材 -  イカ(烏賊)
header
イカ(烏賊)の画像
旬
7~11月 (スルメイカ)
4~6月 (ホタルイカ)


説明
 全世界の漁獲量の40~50%を消費する日本人は無類のイカ好きです。世界中に分布し、種類は約460種。日本ではその内近海にすむ約30種を食用としています。料理に多く使われるのはスルメイカで、函館名物の「イカソーメン」が有名です。塩辛に代表されるように、ワタやスミの部分にも薬効がたくさん含まれているので、無駄なく利用しましょう。

footer

成分
たんぱく質が豊富で脂肪は少ない。ナイアシン、カリウム、遊離アミノ酸のタウリンを多く含有している。内臓も食べられるホタルイカはビタミンAやB12が多い。スミにはアミノ酸の一種リゾチームが含まれている。
footer
効能
高たんぱくで低脂肪なのでダイエットに向く。ナイアシンは口舌炎や皮膚炎を予防し、カリウムは高血圧予防に働く。タウリンは血中コレステロールを下げる、中性脂肪を減らす、血圧を正常にする働きがあるので、動脈硬化や糖尿病を予防する。リゾチームは防腐力が強いのでがん予防が期待できる。ビタミンB12は悪性貧血を予防する。
footer


header
  • 加熱しすぎると変形し、身がかたくなり味がつきにくくなる。
  • 生食の方がタウリンの効果は高い。
  • ビタミンAやB12の補給を期待するなら、内臓ごと食べられるホタルイカがおすすめ。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ