戻る
旬の食材 -  イワシ(鰯)
header
イワシ(鰯)の画像
旬
9~10月 (真イワシ)


説明
 「イワシは海のにんじん」という諺があるように、豊富な栄養成分を含んでいるイワシは、『源氏物語』で有名な紫式部の大好物で歌にも詠まれています。海面近くを群れで泳ぐ回遊魚で、かつては漁獲量の多い庶民の魚でしたが、近年は漁獲量が減少傾向です。通常イワシというと「真イワシ」を指し、ビタミンA効力の高いウルメイワシは干物にされます。

footer

成分
脂質を多く含む。脂質は良質のEPA、DHAで、とくにEPAが多い。たんぱく質も良質で、カルシウム、ビタミンA、D、B2、ナイアシンを含む。
footer
効能
EPAは血中コレステロールを下げ、血液をサラサラにするので、動脈硬化や脳血栓、心筋梗塞に有効。DHAは脳の働きを高めて学習能力を向上させ、老化防止に効果がある。カルシウムとビタミンDの働きでカルシウム吸収が高まり骨粗鬆症に有効。アミノ酸バランスがよいので体の機能が高まる。ビタミンB2は脂肪の代謝を促進し、口角炎や眼膜炎を予防する。
footer


header
  • 身はやわらかく小骨が多いので、手で開くとよい。
  • 臭いが気になる時はしょうがや梅干しと一緒に煮るとよい。
  • 酢や梅干しで煮ると、骨までやわらかくなる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ