戻る
旬の食材 -  サンマ(秋刀魚)
header
サンマ(秋刀魚)の画像
旬
9~11月


説明
 江戸時代に「サンマが出るとあんまが引っ込む」といわれた栄養価に優れた大衆魚。秋に産卵のために寒流に乗ってやってくるものが、たんぱく質も脂質も豊富で、とくに10月のサンマは脂質が一番豊富です。デリケートな魚で驚くと仲間同士でぶつかり合ったり、海面上に飛び上がったりします。細い姿から「狭真名」が転じてサンマと呼ばれるようになったといわれています。

footer

成分
EPAとDHAの脂質が豊富。ビタミンDやビタミンB12が他の魚よりも多い。カルシウムやタウリン、カリウムも含まれている。
footer
効能
DHAは健脳効果が高く、EPAは血液をサラサラにし血栓を予防する効果がある。B12は悪性貧血に有効。ビタミンDがカルシウム吸収を高めるので骨粗鬆症や精神安定に効果がある。タウリンは血液中のコレステロールを低下させ、カリウムと一緒に血圧を正常に保つ。
footer


header
  • 栄養素は脂質に多く含まれているので、焼き過ぎないように注意。煮物や炊き込みごはんにすると栄養素を無駄なく取り入れることができる。
  • 豊富な脂質の酸化を防ぐために、ビタミンEを一緒に取るとよい。
  • 塩焼きには大根おろしを添えるとよい。大根に含まれるアミラーゼが焼き魚のコゲの部分に含まれる発がん物質トリプーP1を分解してくれる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く