戻る
旬の食材 -  アユ(鮎)
header
アユ(鮎)の画像
旬
6~8月


説明
 日本全国の清流に棲む夏を代表する川魚です。下流の砂地域で生まれて海に下り、再び川に上って子孫を残し一生を終えます。その一生は一年のため「年魚(ねんぎょ)」とも呼ばれ、またコケ(珪藻)を主食とするため特有の香りを持ち「香魚(こうぎょ)」とも呼ばれています。うなぎ同様に滋養強壮に優れ、血液の循環をよくする働きがあります。

footer

成分
カルシウムや鉄分などのミネラル類、ビタミンA、E、B1、B2を含んでいる。たんぱく質は良質。ほろ苦い内臓にはビタミンDが豊富。
footer
効能
カルシウムが骨や歯を丈夫にし、ビタミンDも含まれているので吸収がよく、歯や骨を強化する。良質なたんぱく質とビタミンB1が新陳代謝を高め、疲労を回復する。夏バテ予防にも効果がある。
footer


header
  • 内臓は風味もよく美味、ミネラルやビタミンが豊富なので取らずに焼く。
  • 小ぶりなものはから揚げにして丸ごと食べると栄養効果が高い。
  • 生食する場合、寄生虫のいることがあるので注意。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く