戻る
旬の食材 -  ウナギ(鰻)
header
ウナギ(鰻)の画像
旬
6~8月


説明
 万葉集に大伴家持が詠んだ歌があるほど、昔から滋養強壮の食べ物とされ、とくに土用のうなぎは体力をつけ夏バテを防ぐとされています。「土用の丑の日」の由来は江戸時代の発明家であり文芸家である平賀源内が、繁盛しないウナギ屋に頼まれて、「本日は土用の丑の日」という看板を書いて張り出したら、繁盛したのが始まりと言われています。

footer

成分
脂質が多い。脂質は高度不飽和脂肪酸のEPAやDHA。表面のヌメリはムコプロテイン。ビタミンAが豊富でとくに肝に多い。E、B1、B2も多い。カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラル類も豊富。
footer
効能
ムコプロテインが胃腸の粘膜を保護し消化吸収を助けるので、とくに夏バテに効果がある。ビタミンB1が疲労回復し老化を防止する。血中コレステロール値を制御するDHAやEPAは、常温では固まらない脂なので血液の流れをよくし、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果がある。
footer


header
  • 脂質が気になる時は白焼きにするとよい。
  • 山椒は抗酸化作用があるので、うなぎと相性がよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ