戻る
旬の食材 -  キス(鱚)
header
キス(鱚)の画像
旬
6~9月


説明
 キス科の海水魚の総称。「海のアユ」「砂丘の女王」などと呼ばれる体長25cmほどの細長い姿をした魚で、淡白なクセのない魚です。名前の由来は淡白な味から「潔し→キス」に、臆病なためすぐに一つに群れる習性から「帰す→キス」などの諸説があります。腰まで海につかるキス釣りは、昔から夏の風物詩でもありました。江戸前の魚として有名でしたが、近年は輸入物が多くなりました。

footer

成分
良質なたんぱく質を持ち、脂質が少ない。ミネラル類では特にカルシウムが豊富で、亜鉛やカリウムも含有されている。
footer
効能
脂質が少なく低カロリーなので、ダイエットにも向く。カルシウムが骨や歯を丈夫にし、精神を安定させる効果も期待できる。亜鉛が味覚障害や皮膚炎を予防し、カリウムが体内のナトリウムを調整し高血圧の予防に働く。
footer


header
  • ビタミンDを含有する食品と一緒に取ると、カルシウムの吸収を高めることができる。
  • 新鮮なものは刺身にするとよい。
  • 下ごしらえの時に腹に黒い皮が付いているが、苦みや臭みがあるので、しっかり取るとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ