戻る
旬の食材 -  あま海苔(浅草のり)
header
あま海苔(浅草のり)の画像
旬
1~4月


説明
 豊富な栄養素を含むため、海のミネラル宝庫と呼ばれています。日本神話で火を用いて食したとの記述があり、海苔という文字が『陸奥国風土記』(むつのくにふどき)の中に出てくることから、古くから食されていたと考えられます。一日一枚を食べればシミやソバカスを防ぐといわれ、黒光りするものほど遠火であぶると冴えた緑色になり美味です。種類は約20種あります。

footer

成分
カロテンとビタミンCがとくに豊富。カロテンはビタミンA効果を示すレチノール当量7200μgと多い。ビタミンE、ビタミンB1、B2などのビタミン類や、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラル類が豊富に含まれている。食物センイ、不飽和脂肪酸のEPAを含有している。
footer
効能
カロテンとビタミンCが活性酸素を除去してがんを予防し、皮膚に潤いを与え、メラニン色素の沈着を防いで美肌をつくる。B1は疲れを取り除く。B2は過酸化脂質の生成を抑える働きがあり、食物センイの悪玉コレステロールを除去する働きと一緒に動脈硬化などを予防し、腸の働きを整える。カルシウムが骨や歯を丈夫にし、鉄分が貧血を予防し、亜鉛が味覚を鋭くする。
footer


header
  • のりの香ばしさは血液の流れをスムーズにする働きがあるので、焼くとよい。
  • 一日一枚を食べればシミやソバカスを防ぐといわれ、黒光りするものほど遠火であぶると冴えた緑色になる。
  • のりが一番嫌うのは湿気。冷凍保存にすれば3年くらいは品質を維持できる。湿気てしまったものは、佃煮にするとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ