戻る
旬の食材 -  とうがん(冬瓜)
header
とうがん(冬瓜)の画像
旬
6~8月


説明
 原産地は東南アジア。「加毛宇利(かもうり)」と記され、平安時代には栽培されていた野菜です。古くから果肉・種ともに民間薬として、腎臓病や高血圧の利尿剤として重宝されてきました。夏野菜ですが貯蔵がきき冬にも利用されることから冬瓜(とうがん)の名がついたといわれています。味は淡白でゆうがおやしろうり、にがうりが仲間です。

footer

成分
主成分は水分で約96%を占める。ビタミンCを含有。カリウムやカルシウムも含む。糖質が少なく低カロリー。
footer
効能
低カロリー、低エネルギーなのでダイエットに有効。ビタミンCは血管を強くし抵抗力をつけるので、風邪を予防し美肌に効果がある。水分が多く尿量が増え利尿効果が高まり、カリウムが余分なナトリウムを排出するので、むくみに効果がある。体内の余分な熱を冷ます働きがある。
footer


header
  • ゆでてから調理する。
  • 皮の部分が利尿効果に優れているので、皮はあまりむかずに食べるとよい。
  • 味が淡白なので、だしを効かせ塩味をつけるとおいしい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ