戻る
旬の食材 -  なす(茄子)
header
なす(茄子)の画像
旬
7~8月


説明
 原産地はインドといわれ、日本には中国大陸を経て8世紀に渡来しました。色は紫が一般的ですが、緑、黄白、緑の斑入りと多様です。古くから炎症を鎮める民間薬として重宝され、夏野菜の中でも体を冷やす効果の高い野菜です。

footer

成分
水分が約94%を占める。皮の紫黒色はアントシアン系色素のナスニン。カリウムや食物センイ、ビタミンCを含んでいるが、ビタミン類やミネラル類の含有量は低い。
footer
効能
ナスニンは抗酸化力に優れ、ガン予防や老化防止に効果がある。低カロリーなのでダイエットに向くが、果肉はスポンジ状なので油を吸収しやすい。カリウムは体内の余分な塩分を排出し高血圧予防に有効。アントシアンは眼精疲労に有効。水分が多く体を冷す働きがあるのでのぼせやほてりに効果がある。
footer


header
  • 油と相性がよい。
  • ナスニンは水溶性なので、油で軽く炒めてから調理する。ナスニンや栄養分の流失を防ぐことができる。
  • 酵素の働きで切り口が変色するので、切ったら水にさらす。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ