戻る
旬の食材 -  すいか(西瓜)
header
すいか(西瓜)の画像
旬
7~8月


説明
 原産地は南アフリカで、日本には17世紀中期に隠元禅師が中国から持ちかえったといわれていますが、諸説あり定かではありません。江戸時代には果肉が赤いのは気味が悪いと敬遠され、明治末期に西洋種がアメリカから導入され本格的な西瓜栽培が始まりました。それまでは黒皮、無地皮が一般的で、「鉄カブト」とも呼ばれていました。

footer

成分
水分が90%以上で、果汁は糖質やアミノ酸のシトリンが含まれている。赤色はカルチノイドのリコピン。カリウムを含有。
footer
効能
水分が多くアミノ酸やカリウムは利尿作用が高いので、むくみや腎臓に有効。高血圧予防や二日酔いにも効果がある。リコピンがガンや老化を予防する。過酸化脂質の生成を抑えるグルタチオンが白内障予防に効果がある。
footer


header
  • すいかの果糖は低温の方が強く感じられるので、冷やして食べる方がよい。
  • 実の白い部分にはビタミン破壊酵素のアスコルビナーゼが含まれているので、調理する時に酢を使うとよい。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ