戻る
旬の食材 -  とうもろこし
header
とうもろこしの画像
旬
6~8月


説明
 世界中で生産されていますが、トップはアメリカで世界生産量の約4割を生産しています。日本では北海道で多く生産されています。1579年ポルトガル船で長崎に渡来した野菜で、肉に不足しているアミノ酸を含んでいるので肉料理の付け合わせに最適。粒の白い部分は胚芽でコーン油になります。ヤングコーンは二番穂を未熟な内に収穫したものです。

footer

成分
糖質、でんぷんを多く含んでいる。粒の皮には食物センイが多い。胚芽部分はビタミンB1、B2、E、リノール酸が多い。カリウム、鉄分、銅などのミネラルも含まれている。種実の表皮はセルロース。
footer
効能
食物センイは便通をよくし、コレステロールを低下させる。ビタミンEは老化を防止し、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える時に欠かせない。リノール酸は不飽和脂肪酸が多いのでコレステロールを低下させ、高血圧や動脈硬化に有効。カリウムは血圧を下げる効果がある。ひげや芯、根、葉にも薬効がある。ひげは利尿効果や降圧効果がある。
footer


header
  • 収穫後1日で栄養分も風味も半減するので、すぐに食べるようにする。
  • 栄養価は胚芽部分に集中しているので、実は手でむしり取るようにするとよい。
  • セルロースは消化が悪いので、お粥やスープにするとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ