戻る
旬の食材 -  キャベツ
header
キャベツの画像
旬
12月~4月
3月中旬~4月 (春キャベツ)
12月~3月上旬 (冬キャベツ)


説明
 古代ギリシャやローマ時代に薬や保健食として食べられていた歴史の古い野菜です。江戸時代に渡来しましたが、球にならない葉キャベツのため鑑賞用とされ、本格的に食用として栽培されたのは明治時代。アブラナ科の植物で原産地は地中海沿岸からアジアと推定され、フランス語のカボシュ(頭でっかちをからかう古語)が名前の由来といわれています。

footer

成分
ビタミンC、カルシウムやカリウムなどのミネラル類が豊富。キャべジンと呼ばれるビタミンUやビタミンKを含有している。発がんを抑制するインドール化合物を含んでいる。ビタミンCは大きめの葉1枚(250g)で一日の必要量がまかなえる。
footer
効能
豊富なビタミンCが毛細血管を強化しストレスへの抵抗力をつける。ビタミンKは骨を強化し、血液凝固作用があるので止血効果が期待できる。ビタミンUはキャベツ特有の成分で抗潰瘍性ビタミンと呼ばれ、傷ついた粘膜を修復し胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や治療に有効である。キャべジンはビタミンUの別名で、その効果は春キャベツの方が優れている。カルシウムは吸収率がよいので虚弱体質の改善に効く。
footer


header
  • ビタミンCやUは水溶性なので洗う時は手早く、また切ってから水にさらすとビタミン類が流失するので注意する。
  • ビタミンUは熱に弱く、潰瘍効果を生かすなら生食か酢漬けにするとよい。
  • 加熱すると甘みは出るが有効成分が流失する。溶け出た成分ごと取れるスープなどがおススメ。
  • ビタミンCは芯の周辺に多く含まれているので、芯を残さず使うとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ