戻る
旬の食材 -  白菜
header
白菜の画像
旬
11~2月


説明
 栽培種は中国北部の青島(チンタオ)との説もあり、今や東洋を代表する野菜のひとつです。日本には明治時代に渡来しましたが、普及は昭和になってからです。甘みが増してくる冬場のものが美味で、ビタミン類は外葉の方に多く含まれています。精進料理では大根・豆腐とともに「養生三宝」と呼ばれ、古来より体によい野菜として食べられてきました。

footer

成分
ビタミンCが多く、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル類が豊富に含まれている。食物センイも含有。特殊成分ジチオールチオニンを含んでいる。
footer
効能
ビタミンCが豊富なので風邪予防や肌荒れに効果がある。カリウムが塩分を体外に排出するので高血圧に有効。食物センイは便秘を解消する。特殊成分のジチオールチオニンは発がん物質から細胞を守る働きがある。
footer


header
  • 栄養成分を無駄なく取るには、生食がベスト。
  • 加熱する時は栄養成分の溶け出た汁ごといただけるスープがおススメ。
  • 芯の部分に栄養素が豊富に含まれているので、芯の部分も食べるとよい。
  • 葉も芯も両方使う時は、加熱に時間差をつけるとよい。芯を先に入れ、火が通ったら葉を加える。
  • 炒める時は、水気が出るので、強火で一気に炒めるとよい。
  • うまみや栄養分を逃がさないようにするには、細かく切らないこと。
  • 汁を少なくし、ふたをして蒸すように加熱すると甘みが出る。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ