戻る
旬の食材 -  菜の花
header
菜の花の画像
旬
12月~3月


説明
 アブラナ科の野菜で、花や茎、葉を食し、かすかな苦みを持っています。かつてはアブラナ(油菜)と呼ばれ採油用に栽培されていましたが、現在は野菜としての栽培が盛んです。つぼみを食べる和種と茎を食べる洋種の2種類があり、和種は弥生時代に、洋種は明治初期に伝わったといわれています。開花前の方が栄養価に優れ、価格も高くなります。

footer

成分
カロテンやビタミンC、E、Kなどのビタミン類や、カルシウムや鉄分、カリウムなどのミネラル類を豊富に含んでいる。アブラナ科に含まれるスルフォラファンを含有している。特有の苦みを持っている。
footer
効能
カロテンやビタミンCが免疫力を高め、風邪を予防し、ビタミンEの働きと一緒になり老化を予防し美肌をつくる。カリウムが体内の塩分バランスを保ち高血圧の予防に働く。鉄分が貧血を予防し、食欲不振や消化不振を解消する。カルシウムはビタミンKと一緒に骨や歯を丈夫にして精神を安定させる。ビタミンCが鉄分やカルシウムの働きを倍増させる。スルフォラファンは抗酸化力が高くがん予防に有効。体が軽く動きが順調になる。
footer


header
  • 苦みがあるので、さっとゆでる。ゆで過ぎるとビタミン類が流失してしまうので注意する。
  • 茎の切り口に近い部分は固いので、2~3cm切り落として使うとよい。
  • 苦みをやわらげるには、油で炒めるとよい。グラタンなどに入れても苦みはやわらぐ。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ