戻る
旬の食材 -  クレソン
header
クレソンの画像
旬
3月~9月 (露地もの)


説明
 アブラナ科の多年草で、ウォータークレスと呼ばれ、水底の浅い清流で育つ生命力の強い植物です。原産はヨーロッパ、ロシア、アジアなどといわれ、古くから野生のものが食されており、栽培は14世紀にフランスで行われたといわれています。日本には明治の初めに伝来し、近年の食生活の変化に伴い、需要の増加してきた野菜です。学名はナスタチューム・オフェチナーリスで、オフェチナーリスは薬効があるという意味です。

footer

成分
水分が94%を占め、カロテンや鉄分などのミネラル類を豊富に含有している。ビタミンCやK、葉酸などのビタミン類を含み、とくに葉酸含有が高い。不溶性の食物センイを多く含んでいる。辛み成分は配糖体のグルコナスルチン。
footer
効能
カロテンが粘膜を強化し、視力の衰えを予防する。鉄分と葉酸が増血作用に働き貧血を予防する。ビタミンCが血管を丈夫にして精神を安定させ、ビタミンKが骨の形成に働く。食物センイが便秘を解消する。辛み成分のグルコナスルチンが食欲を増進させる。
footer


header
  • カロテンは加熱や油で炒めると吸収率が高まる。
  • 鉄分はビタミンCと一緒に取ると吸収率が高まるので、鉄分の吸収を高めたかったら、生食で、野菜や果物と一緒に取るとよい。
  • 肉の脂肪を分解する働きがあるので、肉料理と一緒に取るとよい。食後の口臭予防にもなる。
  • カルシウムを含んだ食材と一緒に取ると、カルシウムを無駄なく取り入れることができる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ