戻る
旬の食材 -  みつば(三つ葉)
header
みつば(三つ葉)の画像
旬
3~5月


説明
 セリ科の宿根性多年草で、日本列島に広く野生している日本原産の野草です。セリの新種と思われていたため、ミツバゼリと呼ばれ、食用とされたのは室町時代以降と考えられています。栽培して食用としているのは日本と中国だけといわれ、香りを楽しむ香味野菜として人気があります。3枚の小葉からなるので三つ葉と名付けられました。緑の葉の部分が多いほど、栄養素や薬効が優れています。

footer

成分
ビタミンC、カロテンなどのビタミン類や、カルシウムや鉄分などのミネラル類が豊富。緑の濃い部分はカロテンが多い。香り成分はミツバエンやクリプトテーネン。
footer
効能
ビタミンCやカロテンが豊富なので肌荒れや風邪予防、視力低下に効果がある。香り成分は神経を鎮め、消化を促進し、食欲増進に有効。とくに春先のものはその効果が優れている。二日酔いにも効果がある。
footer


header
  • 加熱しすぎると香りが落ち、歯ざわりも損なわれるので注意。
  • 切り三つ葉は組織が軟弱なので、生食や汁に散らしたりさっと揚げるのがベスト。
  • 根三つ葉はアクが強いので、さっとゆでる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ