戻る
旬の食材 -  うど(独活)
header
うど(独活)の画像
旬
3~4月 (春うど)
10~1月 (寒うど)


説明
 ウコギ科の多年草。野生の山うどと、栽培物の軟化うどがあり、軟化うどは江戸時代に栽培が始まったといわれています。涼しい場所に自生し、ひと夏でグングン成長して2~3mほどの高さになりますが、木ではなく草のため冬には枯れてしまうことから、「なりは大きいが柱には使えない」→「役にたたない」ことを人間に例え、「うどの大木」という言葉が生まれました。

footer

成分
主成分は炭水化物と水分でカロリーが低い。カリウムや食物センイを含んでいる。リモーネンやサビネンなどの精油成分を含有している。
footer
効能
カリウムが血圧を整え、食物センイが腸内の有害物質や老廃物を体外に排出する。精油成分が血流をよくして体を温める。特有の苦みが食欲を増進し、新陳代謝を促す。
footer


header
  • 有効成分は皮付近に多く含まれているので、皮も食べるとよい。
  • 保存する時は、皮ごとゆでて水に放してアクを抜き、冷蔵庫に入れる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ