戻る
旬の食材 -  にら(韮)
header
にら(韮)の画像
旬
3~9月


説明
 ユリ科の多年草で、一般には東アジアが原産といわれていますが、日本原産という説もあります。古くから栽培されていた野菜で、『古事記』では「加美良(かみら)」、『万葉集』では「久々美良(くくみら)」と呼ばれていました。ひとつの株から何度でも収穫できることから、にんにくに次ぐスタミナ野菜とされ、別名「起陽草」とも呼ばれています。

footer

成分
カロテン、ビタミンB1、B2、C、Eなどのビタミン類や、鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラル類を豊富に含有。セレンが含まれている。特有なニオイは硫化アリル。
footer
効能
カロテンが皮膚や粘膜を丈夫にし、風邪予防や美肌に有効。カロテンには抗酸化作用があり、ビタミンC、E、セレンの働きと一緒になり、がん予防も期待できる。ビタミンB1は疲労を回復し、硫化アリルの働きによりB1がさらに長く体内に留まるので疲労回復の力が持続しスタミナがつく。
footer


header
  • 油を使った料理だとカロテンの吸収率がアップする。
  • 硫化アリルはビタミンB1の吸収を高め効力を持続させるので、B1の多い豚肉やレバーなどと炒め物にするとよい。
  • 硫化アリルは揮発性で水溶性。調理する時は水につけすぎず、加熱時間も短くすると薬効を生かせる。
  • ビタミンEと一緒に取ると、セレンの働きが高まる。
  • さっと熱湯に通すと、甘みが増す。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ