戻る
旬の食材 -  えのきだけ
header
えのきだけの画像
旬
11~12月


説明
 古くは「なめすすき」と呼ばれたキシメジ科の食用きのこ。栽培種が通年出回っていますが、別名「ユキノシタ」と呼ばれるように、天然物の旬は冬で、カサは黄褐色で大きく開いた形をしています。一方、栽培物は光を遮った低温室で生長させるため、カサは発達せず柄が伸びてヒョロッとした形状をしています。鍋物に多く利用されるきのこで、欧米ではウインターマッシュルームと呼ばれています。

footer

成分
食物繊維、ナイアシン、葉酸、ビタミンB1、ビタミンB2を多く含む。
footer
効能
低カロリーなのでダイエットに向く。食物繊維がコレステロールを下げ、食後の血糖上昇を制御するため、脂質異常や糖尿病の予防に有効に働く。ナイアシンがビタミンB1と一緒に疲労を回復し、葉酸が舌炎や貧血予防に働く。ビタミンB2が脂肪の分解に働き、食物繊維と一緒に肥満予防に効果がある。
footer


header
  • 加熱し過ぎると食感が悪くなるので、加熱し過ぎないように気をつける。
  • 水で洗うと風味がなくなるので、加熱する時は洗わずそのまま使うとよい。
  • ベトついているものは古い。カサが小さく閉じて揃い、白くてハリのあるものが鮮度がよい。
  • 保存は包装された状態のままで、冷蔵庫に入れる。保存の目安は1~2日間。
footer


05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く