戻る
旬の食材 -  いちじく(無花果)
header
いちじく(無花果)の画像
旬
9~10月


説明
 クワ科の落葉高木で、原産は小アジアやアラビア南部。日本には1630年前後に中国から長崎に渡来したと伝えられています。花が人目に触れないままに実を結ぶため、「無花果」の字が当てられ、一カ月で熟すことから「一熟=いちじく」と呼ばれるようになったといわれています。糖質を豊富に含むことから「知恵の木」と呼ばれ、アダムとイブが食べたのはりんごではなくいちじくだという説もあります。

footer

成分
ブドウ糖や果糖などの糖質を豊富に含んでいる。食物繊維やカルシウムが多く、カリウムも含まれている。たんぱく質分解酵素のフィシンが含有され、葉や茎の切り口から出てくる白い液体にもたんぱく質分解酵素が含まれている。実にはベンズアルデヒドが含まれている。
footer
効能
豊富な糖質が体内でエネルギー源となり、糖質は単糖類のため即効性が高い。食物繊維のペクチンが腸の働きを高めて便通を整え、カリウムが血圧安定や動脈硬化予防に働く。たんぱく質分解酵素が消化を促進させ、胃のムカムカを取り除き、二日酔いの予防にも有効に働く。白い液に含まれるたんぱく質分解酵素は、皮膚をやわらかくする作用があり、昔から「イボ取り」などの民間療法に使われている。ベンズアルデヒドはがん細胞の生成を抑制する。
footer


header
  • たんぱく質分解酵素を含んでいるので、食後に食べると、消化が促進され効果的。
  • お酒を飲んだ後に食べると、二日酔いになりにくい。
  • 皮をむく時は、バナナのように軸の部分からむくとキレイにむける。果実がかたい時は包丁でむくとよい。
  • 未熟なものは、胃を痛めるので食べない方がよい。
  • 食べ頃は、お尻の部分が裂けそうになり、ヘタの部分まで赤褐色になる頃。
  • 日持ちしないので、早めに食べきるとよい。保存は、ビニール袋に入れて野菜室で保存する。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ