戻る
旬の食材 -  くり(栗)
header
くり(栗)の画像
旬
9~10月


説明
 北アメリカやヨーロッパ、アジアなどが原産で、世界には約12種類ありますが、栽培されているのは日本栗、中国栗、ヨーロッパ栗、アメリカ栗の4種類。日本栗の原産は日本で、原生種はシバグリ。秋に完熟し、イガの中に1~3個の実が現れます。

footer

成分
主成分は糖質で、ビタミンB1、Cなどのビタミンや、亜鉛、カリウムなどのミネラル、食物繊維を豊富に含んでいる。渋皮にはタンニンが含まれている。
footer
効能
ビタミンB1が疲労を回復し、食物繊維とカリウムの働きで高血圧が予防され、動脈硬化予防に働く。亜鉛が成長や味覚の障害を予防し、カリウムが血圧低下に働く。糖質のエネルギーが体や脳の働きを活発にし、一日1~2個食べると、足腰が丈夫になるといわれている。タンニンは抗酸化作用を持ち、抗がん作用が期待できる。
footer


header
  • 亜鉛が含まれているので、亜鉛を含んでいない白米と一緒に食べる「栗ごはん」にすると、栄養バランスがよくなる。
  • 栗の鬼皮はかたいので、ゆでてもビタミンCの損失が少ない。
  • タンニンを豊富に含む渋皮を残して調理するとよい。
  • かためにゆでて冷凍保存をすれば、長期保存が可能。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く