戻る
旬の食材 -  りんご(林檎)
header
りんご(林檎)の画像
旬
10~12月


説明
 有史以前から食用され、約8千年前の物と見られる炭化したりんごがトルコで発掘されており、最初の栽培は新石器時代といわれています。原産地は中国天山山脈。平安時代に中国から「和りんご」と呼ばれる小粒な野生種が渡来したと記されていますが、現在栽培されているりんごは、1872年アメリカから導入され、品種改良が重ねられたものです。

footer

成分
主成分は水分と糖質。糖質は果糖とブドウ糖がほとんど。酸味はリンゴ酸とクエン酸。カリウム、カルシウム、鉄分などのミネラル類や、ビタミンCや食物センイのペクチンやセルロースなどを多く含んでいる。
footer
効能
ブドウ糖は即効性のある疲労回復や健脳効果があり、リンゴ酸やクエン酸も疲労を回復し肩こりや腰痛を防止し、食欲を増進させる。ペクチンはセルロースと一緒に腸内細菌の乳酸菌を増やして腸の働きを整え、便秘を解消し大腸がんを予防する。また、糖質を吸収して血糖値を下げる働きもある。カリウムが体内のナトリウム過多を防ぎ高血圧を予防し、インシュリンの働きを助ける。
footer


header
  • ペクチンは皮の部分に多く含まれているので皮ごと食べるとよい。皮を安心して食べられる有機栽培のりんごがおススメ。
  • 切り口が褐変するのは、ポリフェノールの酸化によるため。食塩水やビタミンCに漬けると防ぐことができる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ