戻る
旬の食材 -  黒きくらげ(黒木耳)
header
黒きくらげ(黒木耳)の画像
旬
8~11月


説明
 春から秋にかけてミズナラなどの枯れ木や倒木に群生する、担子菌類キクラゲ目のきのこです。味が干したクラゲに似ているため「樹に生えるクラゲ」からきくらげと命名され、形が人の耳に似ているため、漢字では「木耳」と書かれます。ゼラチン質で暗褐色をしており、中国料理には欠かせない食材です。日本では沖縄や鹿児島が主産地です。

footer

成分
カロリーが低く、カルシウムが他のきのこよりも多い。食物センイが多く、カルシウムや鉄分、ビタミンB群、E、Dを含有。エスゴステリンも含有。
footer
効能
カロリーが低いのでダイエットに向く。血液浄化作用に優れ、出血を予防し婦人病の疾患に効果が高い。エスゴステリンはカルシウムの吸収をよくする働きがあり、含有されているカルシウムやビタミンDと一緒に骨粗鬆症や骨軟化症の予防に有効に働く。食物センイが血糖値の急上昇を防ぐので、糖尿病の予防に有効に働く。また、便秘を改善する。鉄分が貧血や冷え性を予防する。美肌効果も高い。
footer


header
  • 15分くらい水に戻し、石づきを取り、熱湯をかける。8~10倍になるので注意する。
  • 味は淡白なので、香辛料を多めに使うとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ