戻る
食材 -  かたくりこ(片栗粉)
header
かたくりこ(片栗粉)の画像
説明
 かたくりは日本の北東部の山野に広く自生するユリ科の多年草で、片栗粉はその地下鱗茎から採取したでんぷんのことをいいます。白色で光沢があり喉ごしがよいため、昔から乳幼児や病人の食事に利用されていました。生産量が少ないため高級料理や高級菓子に利用され、一般に片栗粉の名で出回っているのはじゃがいもから取れるじゃがいもでんぷんです。

footer

成分
主成分は炭水化物で、約82%を含有している。カリウム、カルシウム、リン、鉄などのミネラル類を含んでいる。
footer
効能
豊富な炭水化物がエネルギーを生み、体力がつき、免疫力を強化する。カリウムが血圧を整え、カルシウムが歯や骨の強化に働く。
footer


header
  • トロミをつける時に、砂糖を少量加えるとネバリがでる。
  • イカを煮る時に少量入れて一緒に煮ると、イカがかたくならずにおいしく煮える。
  • 民間薬として、すり傷、できもの、湿疹にでんぷんを振りかけて直す方法がある。また、病後の滋養に熱湯で溶いて、くず湯のようにして飲むと力がつく。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ