戻る
食材 -  くずこ(葛粉)
header
くずこ(葛粉)の画像
説明
 マメ科つる性多年草のクズの根から取れる良質なでんぷんです。夏の終わりに紅紫色の花をつける生命力の強い野草で、広く山野に自生し、秋の七草に数えられています。根から取れるくず粉でくず餅がつくられ、根の乾燥したものは「葛根(かっこん)」と呼ばれ、漢方で重宝されています。消化のよいくず湯は、昔から民間療法の病人食として用いられてきました。

footer

成分
主成分は炭水化物で、約86%を含有。脂質、たんぱく質は微量。カルシウム、鉄分などのミネラル類を含んでいる。根にダイゼインを含有している。
footer
効能
豊富な炭水化物がエネルギーを生み、体力がつき、免疫力を強化する。カルシウムが歯や骨を強化し、鉄分が貧血を予防する。ダイゼインが解熱、首や肩こりを和らげる働きがある。
footer


header
  • 魚介類や肉類にくず粉をまぶしつけ、ゆでると、くず粉がかたまって膜となり、口当たりがよくなる。
  • でんぷんが豊富なので、体力の落ちた時や病気の時にくず湯にして飲むとよい。体が温まり消化もよい。
  • くず湯の作り方:一人分はくず粉大さじ1に対して熱湯1カップ。好みで砂糖を加える。湯飲みにくず粉と少量の水を入れて水溶きし、砂糖を加える。熱湯を注ぎ入れながら透明になるまでよく練る。おろししょうがや抹茶、コーヒーなどを加えてもよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く