戻る
食材 -  レーズン
header
レーズンの画像
説明
 完熟したぶどうの果実を乾燥させたもので、干しぶどうともいわれています。木になったままで自然乾燥していたぶどうが見つかった時が、レーズンの歴史の始まりといわれ、紀元前13世紀にさかのぼる歴史を持っています。薬用としても重宝され、古代ローマではレーズン壷2杯と男子の奴隷と交換がされたといわれています。カリフォルニアが有名な産地で、日本はほとんど輸入しています。

footer

成分
炭水化物が80.7%で脂質は少ない。鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラル類を豊富に含んでいる。食物センイも多い。ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン類を含む。有機酸の酒石酸や、ポリフェノール類のエビカテキンを含有。エビカテキンは皮の部分に多く含まれている。
footer
効能
エネルギーが高く体力がつく。鉄分が貧血予防に働き、カルシウムが骨や歯を丈夫にして骨粗鬆症を予防する。カリウムが体内の塩分を調整して血圧を安定させる。酒石酸は腸内を弱酸性にする働きがあり、食物センイの働きと一緒に結腸がんの予防に働く。エビカテキンは抗酸化力が高く細胞の酸化を防ぎ、がんや老化を予防する。
footer


header
  • ビタミンCの豊富な食材と一緒に取ると、鉄分の吸収が高まる。サラダで野菜と一緒に取ると効果的。
  • 一日20粒を目安に食べるとよい。
  • 調理に使う時は、さっと湯に通すとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ