戻る
旬の食材 -  キウイフルーツ
header
キウイフルーツの画像
旬
一年中


説明
 中国南部原産でマタタビ科のシナサルナシが、ニュージーランドで品種改良されて誕生した果物です。ミュージーランドの国鳥キウイに似ていることからその名がつけられました。日本には1964年に導入され、多汁質で甘みと淡い酸味が好まれ、国内栽培も盛んです。近年、ゴールデンキウイという甘みが強く、黄色い果肉の新種が出回り人気です。

footer

成分
ビタミンCが100g中80mと豊富。食物センイのペクチン、カリウムを含む。酸味はクエン酸。果汁にたんぱく質分解酵素のアクチニジンを含む。
footer
効能
ビタミンCが豊富なので風邪を予防し、美肌効果が高い。クエン酸と一緒に疲労を回復する。カリウムが余分な塩分を排泄し、脂肪を分解し消化を高めるアクチニジンと一緒に、動脈硬化や高血圧予防に有効に働く。アクチニジンは胃もたれにも有効。
footer


header
  • 豚肉に果汁を振っておくと風味がよくなり、アクチニジンの働きで肉がやわらかくなる。
  • アクチニジンは皮の付近に多く含まれているので、皮はできるだけ薄くむくとよい。
  • 未熟果だと酸味が強く、アクチニジンの働きで舌がしびれるほどの刺激がある。ほどよく熟れてから食べるとよい。
  • 皮はセンイに沿って縦にむくとむきやすい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ