戻る
食材 -  バナナ
header
バナナの画像
説明
 原産地はマレー半島で、紀元前5千年以上前から栽培されてといわれる歴史の古い果物です。日本には台湾を経て20世紀初期に伝来しました。果実用と料理用に大別され、料理用はでんぷんを多量に含み、熱帯地方では主食とされています。生産量はぶどう、柑橘類に次ぐ第3位。日本では沖縄や小笠原などで少量栽培されていますが、ほとんどは輸入しています。

footer

成分
糖質が多く、カロリーが高い。ビタミンA、B1、B2、Cなどのビタミン類やカリウム、マグネシウムなどのミネラル類を含有。食物センイのペクチンを含んでいる。粘液多糖類のヌメリがありポリフェノール、セロトニンも含有。レッドバナナはカロテンが多い。バナナの糖質は完熟すると果糖やブドウ糖に変わり、オリゴ糖も含んでいる。
footer
効能
エネルギー源として優れ、さらに長時間持続する。ペクチンが腸の働きを整え、ビタミンAと一緒に働き肌荒れを予防する。オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を増やして便秘を予防する。果糖やブドウ糖は体力が落ちた時の栄養補給源となる。カリウムは利尿効果があり血圧を下げるので高血圧に有効。セロトニンは胃酸の分泌を抑え、ヌメリが胃粘膜を保護するので胃潰瘍予防に効果がある。
footer


header
  • 切り口は空気にふれると酵素の力で変色するので、レモン汁をかけておく。
  • 加熱しすぎるとやわらかくなりすぎるので注意する。
  • 栄養補給として食べる時は、完熟させてから食べるとよい。果糖やブドウ糖が豊富。
  • バナナには熱を冷ます働きがあるので、胃腸が弱く冷え性の人は、フリッターなどにして加熱して食べるとよい。
  • 低温に弱いので、常温で保存するとよい。冷蔵庫に入れると皮が黒ずんでしまう。
footer


05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く