戻る
食材 -  カレー(粉)
header
カレー(粉)の画像
説明
 インド南部のタミール語「kari(カリ)」が語源で、ソースや汁を意味する言葉です。インドではその地域や家庭、材料によって10種類以上のスパイスを使ってつくられます。18世紀、東インド会社のイギリス人によってヨーロッパに伝わり、日本には日米修好通条約が締結された後、イギリスから伝来しました。1872年、初めて出版されたカレーの本『西洋料理指南』では、長ネギが使われていました。

footer

成分
カレーの原料となるスパイスは多種類におよぶ。主原料はウコン(ターメリック)、ショウウイキョウ、チョウジ、ニクズクなどで、ガーリック、しょうが、唐辛子、パセリ、ミント、辛子、クミン、こしょう、クローブ、コリアンダー、ナツメグ、ベイリーフなど多数ある。
footer
効能
発汗作用があり、脳の血の巡りを高めるので、脳血栓などの予防に有効。黄色い粉末のウコンはショウガ科で、殺菌効果がある。カレーに使用されるスパイスは抗酸化力が高く、細胞の酸化を防ぎ、がん予防や老化予防に有効に働く。
footer


header
  • 時間が経つ内に、肉や野菜のうまみが出るため、カレーは時間を置いた方がおいしくなる。
  • カレーにトマトを入れると味がまろやかになる。
  • ビタミンCの多い食材と一緒に取ると、栄養バランスがよくなる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ