戻る
食材 -  こしょう(胡椒)
header
こしょう(胡椒)の画像
説明
 コショウ科の熱帯性常緑つる植物で、原産地はインド。唐辛子、辛子と並ぶ世界三大香辛料のひとつで、「スパイスの王様」「天国の種子」などと呼ばれています。2500年ほど前に薬として登場し、アーリア人によってヨーロッパに普及し、古代ローマでは高値で扱われ、その保有量が財力の証であったと伝えられています。日本には遣唐使を通じて奈良時代に伝来し、「胡(シルクロード)椒(ヒリヒリ辛いもの)」の意味からこの名がつけられました。
●こしょうの種類
黒こしょう(ブラックペッパー):熟していない緑の実を果皮ごと天日で乾かしてつくる。
白こしょう(ホワイトペッパー):赤く熟した実を水に漬けて皮を取り除いてつくる。
グリーンペッパー:熟していない緑の実を塩漬けしたり、乾燥機を使って短期間で乾燥させてつくる。
ピンクペッパー:赤く熟した実を塩漬けしたり、乾燥機などを使って短期間で乾燥させてつくる。

footer

成分
辛みの主成分はピペリン、シャビシン、ビペリジンなどで、細かくするほど辛みが強くなる。香り成分は約100種類あり、その半分を占めているのがモノテルペン。精油成分は外皮に含まれている。
footer
効能
辛み成分のピペリンには抗菌作用があり、血液の循環をスムーズにし、消化を促進し、健胃効果がある。香り成分のモノテルペンが脳を活性化し記憶力が向上する。また、辛みや香り成分には抗酸化力があり、細胞の酸化を防ぐ。
footer


header
  • 風味が飛びやすいので、粒のままで保管しておき、使うたびに挽くとよい。
  • 油に溶けやすいので、脂質を持った食材と相性がよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ