戻る
食材 -  さんしょう(山椒)
header
さんしょう(山椒)の画像
説明
 ミカン科の落葉低木で、北海道や九州までの山野に自生し、ゆずと並ぶ日本料理の二大香辛料です。縄文時代にその存在が発見されている古い歴史を持ち、「ハジカミ」とも呼ばれています。若葉は「木の芽」、熟す前の青い実は「青ざんしょう」と呼ばれ、ともに料理に利用されます。朝鮮半島から兵庫県に伝来した「朝倉ざんしょう」は実が大きく香りも高く、、現在栽培されているもっとも多い品種です。

footer

成分
特有の辛み成分と精油成分が含まれている。辛み成分はサンショール、香気はシトロネラール、ジペンテン、ゲラニオール。
footer
効能
辛みと香気成分が、食欲を増進させ、胃のもたれを改善して健胃に働く。空腹時に飲むと回虫の虫下しになる。血行をよくして保温効果がある。また、抗酸化力が高く、細胞の酸化を予防する。
footer


header
  • ウナギなど脂っこい魚を食べる時に一緒に食べると、脂っこさが取れ、胃の働きが高まる。肉などクセのある食材に使うとよい。
  • 粉さんしょうと塩を混ぜ合わせて、天つゆの代わりにするとよい。天ぷらの素材の味が生きる。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ