戻る
食材 -  シナモン
header
シナモンの画像
説明
 クスノキ科の樹木の樹皮をはぎ取り乾燥させたもので、スリランカ特産の植物。セイロンニッケイとも呼ばれ、上品な甘みと香りを持っています。近縁種にカシア、ニッキがあり、日本で一番売られているのはカシアです。日本には8世紀前半に伝来したといわれて、正倉院には乾燥したシナモンが保存されています。江戸時代に中国から樹木として入ってきました。

footer

成分
特有の香りと甘みを持ち、抗菌性がある。芳香成分はケイ皮アルデヒド、オイゲノール、サフロールなど。
footer
効能
香り成分が精神を安定させる。アルデヒドには防虫効果がある。芳香成分は体を温め、解熱・鎮痛作用があるので、風邪の症状回復に効果がある。また、抗酸化力があり、細胞の酸化を防ぐ。
footer


header
  • 殺菌作用が強いので、肉の腐敗防止になる。
  • 緑茶に入れると、抗酸化力が高まり、風邪予防の効果が高まる。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ