戻る
食材 -  あわ(粟)
header
あわ(粟)の画像
説明
 東南アジアを原産地とするイネ科の植物で、有史以前から栽培されていた穀物です。日本では稲の伝来よりも早く、縄文時代から栽培されていたといわれています。生育期間が3~5カ月と短いため救済作物としても用いられ、温暖な乾燥した土地で栽培できる穀物です。黄色の種子を食用とし、うるち種ともち種があり、食味はもち種の方が優れています。

footer

成分
マグネシウムや鉄分を豊富に含んでいる。カルシウム、カリウム、亜鉛などのミネラル類も多い。ビタミンではビタミンB1が多く、食物センイも含有している。
footer
効能
マグネシウムやカリウムが精神を安定させ、腎臓の働きを高める。鉄分が貧血を改善し、食物センイが腸の働きを活発にして便秘を予防する。ビタミンB1が疲労を回復する。マグネシウムの働きで不眠症の改善も期待できる。
footer


header
  • 5~6回研ぎ洗いしてから、一晩、水に漬け、もう一度研いでから炊くとよい。
  • 炊いた後は20分くらい必ず蒸す。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ