戻る
食材 -  こめ(精白米と玄米)
header
こめ(精白米と玄米)の画像
説明
 東南アジアが原産地といわれ、日本では縄文晩期から栽培が始まったと考えられています。イネ科の一年草で、種子が米と呼ばれ、収穫後のもみを取った状態のものを玄米と呼びます。玄米のぬか層(果皮、種皮、糊粉層)や胚芽部分を取り除いたものが精白米。粒の形でジャポニカ米(丸みのある日本型)とインディカ米(細長いインド型)に大別されます。

footer

成分
主成分はでんぷんで、たんぱく質は良質。主食とされているため摂取量が多い。食物センイやカリウム、リン、マグネシウム、ビタミンB群が豊富。栄養素は胚芽部分に多く含まれている。
footer
効能
ビタミンB群が動脈硬化を予防し、カリウムや食物センイが高血圧の予防に働く。食物センイはコレステロールをからめ取り、腸内細菌を活性化させるので消化器系を丈夫にする。1日の摂取量が多いので、糖質の摂取量が高くなり、結果肥満の防止に効果がある。
footer


header
  • 精白米と玄米では栄養成分の含有量が大きく違うので、積極的に玄米を食べるようにするとよい。
  • 玄米は果皮や種皮を含むため消化がよくないので、よくかむことが大切。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ