戻る
食材 -  こめ(古代米)
header
こめ(古代米)の画像
説明
 古代米とは、稲の原種で野生稲の特徴を受けついでいる米(稲)をいいます。色が赤、黒、緑などの有色米が多く、実りの頃、籾がひとりでにこぼれ落ちます。背丈が高いため倒伏しやすく、品種改良された現代の米に比べて収量が半分以下。糠の部分に赤い色素(タンニン)を含んでいる赤米、紫黒の色素(アントシアニン)を含んでいる黒米、緑の色素を含んでいる緑米があります。

footer

成分
古代米には白米に比べてたんぱく質、ビタミン類、ミネラル類を多く含有している。健康食として人気がある。
footer
効能
黒米の色素であるアントシアニン(ポリフェノールの一種)は、抗酸化力があり、血管を保護して動脈硬化を予防し、がん予防に働く。
赤米の色素であるカテキン・タンニン(ポリフェノールの一種)は、発がん抑制作用があり、血中コレステロールを下げて血圧の上昇を抑えるので、血糖値を改善する。
緑米は、普通のもち米より粘りが強く、甘みがある。亜鉛やマグネシウム、食物センイを豊富に含んでいるので、血液を浄化し精神を安定させる働きがある。
footer


header
  • 赤米は五分づきにすると薄紅色になり、白米と混ぜて炊くとピンク色に染まる。
  • 黒米を五分づきにすると黒紫色になる。白米と混ぜると食べやすくなる。
  • ●古代米(黒米) 古来中国では宮廷に献上する米であり、楊貴妃も美容食として好んで食べていたといわれています。薬膳料理に多く使われ、「薬米」の別名も持ち、五分づきにすると米が紫色になるため「紫米(紫黒米)」ともいわれます。米粒の形は、ジャポニカ種とインディカ種があり、世界的には長粒が多くほとんどがもち種です。
  • ●古代米(赤米) 野生稲の大部分がこの赤米であるところから、米のルーツといわれています。縄文時代晩期に日本に伝わった最初のイネと考えられ、お赤飯のルーツといわれる赤い色が特徴です。穂が赤い色をしており、あっさりした味です。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ