戻る
食材 -  クコのみ(枸 の実)
header
クコのみ(枸 の実)の画像
説明
 ナス科の落葉低木で、中国、朝鮮半島、日本に広く分布しており、日本では川の土手やほとりに自生しています。晩秋に真っ赤な実をつけ、古代から実のみならず、若芽、根茎とすべてが霊薬・薬用とされ、3千年以上の食用の歴史を持っています。赤い色は抗酸化力の高いβ―カロテンで、老化を予防する若返りの食べ物として珍重されています。

footer

成分
ベタイン、メチオニン、レシチン、ルチン、カルシウムを含有。β―カロテン、ビタミンB1、B2、Cなどのビタミン類を含んでいる。
footer
効能
ベタインが疲労回復に効果があり、メチオニンがアレルギーを緩和する。ルチンやβーカロテン、ビタミンCなど抗酸化力が高く、細胞の酸化を防いで老化予防に効果がある。レシチンが動脈硬化予防や、脳細胞の活性化に働く。
footer


header
  • 水や湯で戻してやわらかくしてから使うとよい。
  • クコの実に熱湯を注ぎ、10分くらい蒸らしてから、飲むとよい。実も食べる。β―カロテンの摂取で皮膚の粘膜が丈夫になり、視力にもよい。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ