戻る
旬の食材 -  らっかせい(落花生)
header
らっかせい(落花生)の画像
旬
9月下旬~12月


説明
 原産地は南米で、ペルー北部のリマ地方で紀元前850年頃といわれる遺跡から落花生の種子が発見されています。大航海時代には貴重な航海食で、世界に広めたのはコロンブスといわれています。日本には江戸初期に伝来、当時の医学書『大和本草』に「落花生」の名が記されています。花が落ちた場所に実を結ぶ習性が、名の由来といわれています。

footer

成分
大粒種は良質なたんぱく質が多い。ビタミンB1、Eを豊富に含む。脂質は不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸。コリンやレシチンを含む。渋皮には、レスベラトロール(ポリフェノールの一種)が含まれている。
footer
効能
たんぱく質が肝臓の働きを助ける。ビタミンEは血行をよくするので冷え性に効く。若返りにも有効。オレイン酸とリノール酸がコレステロールを下げ、動脈硬化を予防する。また、ホルモンのバランスを正常に戻す働きがあり更年期障害に効果が期待できる。コリンやレシチンが脳の働きを高め、物忘れを防ぐ。レスベラトロールは心臓病の予防改善や貧血・止血・生活習慣病の予防にも効果がある。
footer


header
  • 酸化しやすいので、殻つきのものを選ぶとよい。
  • 渋皮に薬効が含まれているので、渋皮ごと食べるとよい。
  • バターピーナツはカロリーが高いので、食べ過ぎに注意する。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ