戻る
食材 -  しみどうふ(凍み豆腐) 別名:高野豆腐
header
しみどうふ(凍み豆腐) 別名:高野豆腐の画像
説明
 外につるしてつくられる凍み豆腐は、天日と寒風がおいしさの条件で、寒さ厳しい地域の冬の風物詩です。凍み豆腐の誕生には諸説あり定かではありませんが、江戸時代前半にはすでに高野山の名物となっていました。つくられる地域ごとに高野豆腐、こごり豆腐などの名称があり、豆腐よりも輸送や貯蔵に適している栄養価の高い保存食です。国内生産は長野県がトップです。

footer

成分
良質なたんぱく質と脂質を豊富に含む。カルシウム、リン、鉄分などの含有が高く、ビタミンEや食物センイも含む。イソフラボン、サポニン、レシチンが含有されている。
footer
効能
良質な植物性の大豆たんぱくは凍らせる過程で変性し、血中コレステロールの代謝を高め低下させる働きがある。脂質は不飽和脂肪酸で中性脂肪やコレステロールを除去し、レシチンと一緒にダイエットに向く。ビタミンEが老化を予防し、イソフラボンが骨からのカルシウム溶出を抑え、カルシウムの働きと一緒に骨粗鬆症を予防する。鉄分が貧血を予防。
footer


header
  • おいしさの秘訣は戻し方。ぬるま湯に浸し、大体2倍くらいになったら、両手で挟み軽く絞るとよい。
  • しっかりと煮込むほど、おいしくなる。
  • 冷凍保存する時は、1枚づつラップに包む。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ