戻る
食材 -  とうふ(豆腐)
header
とうふ(豆腐)の画像
説明
 豆腐は遣唐使によってその製法が伝わったといわれていますが、朝鮮伝来という説もあります。禅僧の精進料理の中で発展し、庶民の食べ物として広く普及したのは江戸時代の中期。天明2年に刊行された人気書『豆腐百珍』を契機に豆腐は全国に普及していきました。江戸初期には高級食品で、三代将軍・家光によって、農民が製造することは禁じられていました。

footer

成分
消化吸収のよいたんぱく質を含有。脂質は不飽和脂肪酸のリノール酸。カルシウムを豊富に含んでいる。リン脂質のレシチン、サポニン、イソフラボン、オリゴ糖が含まれている。
footer
効能
カルシウムが骨や歯を強化し、精神を安定させる。イソフラボンの働きと一緒になり、骨粗鬆症予防に効果が高い。レシチンが脳の働きを高め、サポニンと一緒に血管内のコレステロールを溶かし血液をサラサラにし、リノール酸がコレステロールを減少させ生活習慣病を予防する。オリゴ糖がビフィズス菌を増やして腸を元気にする。
footer


header
  • 新鮮な水に漬して、野菜室で保存するとよい。凍ってしまうと「ス」が入ってしまうので、冷え過ぎないように注意する。
  • ラップをかけて、他の食品のにおいがつかないようにする。
  • 2~3日保存する時は、布巾に包んで沸騰した熱湯に入れ、再び沸騰したら取り出し、水で冷やす。水は毎日取りかえる。
  • 木綿豆腐を水切りして串をさし、遠火でゆっくり焼くと香ばしい焼き豆腐ができる。串をさす時は湯の中ですると豆腐がくずれない。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ