戻る
食材 -  オイスターソース(別名:カキ油)
header
オイスターソース(別名:カキ油)の画像
説明
 元来はカキを塩水に漬けて発酵させた液状調味料ですが、近年は「カキの煮汁を濃縮させた液体」に調味料などを加えた製品が主流になっています。2千年前に編纂された中国の薬物書『 神農本草経』に薬効が記されており、カキは現在も生薬として欠かせない素材のひとつです。韓国や中国ではオイスターソースなどの加工用のカキを多く生産しています。

footer

成分
良質なたんぱく質を含有し、炭水化物のグリコーゲを豊富に含んでいる。亜鉛、鉄分、マグネシウムなどのミネラル類や、ビタミンB6、B12などのビタミン類が多い。塩分含有が高い。
footer
効能
豊富なグリコーゲンがエネルギー源となりスタミナを強化し、肝臓の機能向上に働く。たんぱく質は必須アミノ酸が含有され、体の機能を整える。タウリンが疲労の元凶である乳酸の増加を防ぎ、疲労を回復し、目の網膜に働き眼精疲労を予防する。亜鉛が各種ホルモンの分泌や調整に働き、皮膚や髪の毛、爪に潤いを与える。味覚障害も予防する。鉄分やビタミンB12が貧血予防に働く。ビタミンEが過酸化脂質の生成を防ぎ老化を予防する。
footer


header
  • カキ特有のうまみがあり、「青椒肉糸(チンジャオロース)」などの料理に向く。
  • うまみが凝縮されているので、使用は少量で十分。
  • 塩分が効いているので、味付けに塩を使わなくてもおいしい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く